日本からバリ島へ

バリ島はインドネシア共和国にある小さな島です。現在日本の航空会社からの直行便はなく、ガルーダ・インドネシア航空が唯一、日本とバリ島感の直行便を運航しています。しかし、直行便にこだわらなければ、乗り継ぎ便はシンガポール航空を始めたくさんの航空会社が運用しているので、選択肢には困らないでしょう。特に成田空港から出発よりも福岡空港からの搭乗のほうが便利な面もありますから、ケースバイケースで航空会社を選べばいいのです。直行便では、6時間程度で着きますし、機内で入国手続きを済ますサービスがありますから、到着時に入国で時間を取られることもなくスムーズに目的地に入ることができます。

日本からの直行便は成田、関空、中部の3空港から出ています。この3空港に近ければ直行便がやはり便利なのですが、九州からの人であれば福岡空港から搭乗がやはり便利でしょう。そのときはシンガポール航空でシンガポールを経由してバリ島に入ることになります。 また、北海道の人は千歳空港から搭乗でき、キャセイパシフィック航空で香港経由で目的地を目指します。 他には、多くの空港が利用できる航空会社として大韓航空があります。

日本の多くの空港から大韓航空に搭乗して仁川国際空港を経由して目的地に向かうこともでき、大韓航空を利用するのが一番現実的かもしれません。 他にも多くの航空会社を利用することができますので、バリ島はとても身近なリゾート地として日本でも人気が高いのです。